ふだん草のグラタン

肉厚で濃い緑の「うちわ」のような葉と、まっすぐと伸び歯ごたえとほんのり塩味のある白い軸が特徴の『ふだん草』(スイスチャード)。欧州ではバレッタやビエトラとも呼ばれています。加熱すると緑がより鮮やかになり、シャキシャキして噛むほどに甘さが増します。11/6のいいものいっぱいマルシェinベイクォーターでも販売予定です。

【材料】(3-4人分)
・ふだん草 1束
・バター 25g(皿に塗る分は別)
・小麦粉 20g
・牛乳 250ml
・固形ブイヨン 1個
・オリーブオイル 適宜
・塩 少々
・黒コショウ 少々
・ピザ用チーズ50gくらい(適量でOK)
・パルメザンチーズ(粉チーズ)適量(無くても可)

【作り方】
1.ふだん草はよく洗い、白い茎の部分は3-4cmぐらい、葉の部分は1cm程度に切り、茎と葉に分けておく。
2.グラタン皿にバターを塗る。
3.沸騰した湯に塩を入れ、ふだん草の白い茎の部分は5分ほど、緑の葉の部分は3分ほど茹で、ザルにとって、しっかりと水気を切っておく。
4.3をオリーブオイルを引いたフライパンで軽く炒める。
5.4にバターを加え、溶けたら、小麦粉を2-3回に分け、粉っぽさが無くなるまで軽く混ぜる。
6.5に牛乳(少しづつ)と固形スープの素を加え、弱火でゆっくりなじませるようにかき混ぜながら、トロミが付くまで煮込み、塩・コショウで味を整える。
7.6をグラタン皿に移し、ピザ用チーズ&粉チーズを乗せ、オーブン又はオーブントースターで焼く。上に焦げ目がついたら完成。

【参考】
このレシピの写真は、下記を引用させていただきました。
FEMMES CUISINE la meilleure recette

五郎島金時とクリームチーズのホットサラダ

加賀伝統野菜の一つ『五郎島金時』。日本で一番の糖質系さつまいもなので、ほくほく感が強いのが特徴です。肌寒い時に、ホットなサラダをどうぞ!
『五郎島金時』は、11/13の「いいものいっぱいマルシェinベイクォーター」でも販売予定です。

【材料】
・五郎島金時 400?500g
◎ドレッシング
・クリームチーズ 50g
・マヨネーズ 大さじ1
・はちみつ 大さじ1/2
・粒マスタード 小さじ1
・ブラックペッパー 少々

【作り方】
1.五郎島金時は皮をむいて水にさらす。
2.1の水を切り鍋に入れ、ひたひたの水を加えて柔らかく茹でる。
3.◎のドレッシングの材料を合わせておく
4.茹でた水を捨て、アツアツのうちに3を加えてあえる。

【参考】
このレシピの写真は、下記を引用させていただきました。
料理ブログ* 毎日を 幸せに*(かおチャン)

ガーキンのピクルス

ピクルスの王様『ガーキン』一般のキュウリより皮は固め。生食でもパリパリとした食感がみずみずしく美味しいです。
『ガーキン』はいいものいっぱいマルシェinベイクォーターでも販売しました。

【材料】(2-3人分)
・ガ―キン胡瓜 6本
・酢 100ml
・水 100ml
・はちみつorてんさい糖(砂糖でOK) 大さじ1.5
・塩 小さじ1
・ローリエ 1枚
・鷹の爪  2本
・にんにく  1片

【作り方】
1.ガーキン以外の材料を鍋で混ぜ合わせ、一煮立ちさせる。
2.1の鍋にガ―キン胡瓜をまるごと入れ、3分程煮る。
3.胡瓜の中心をようじで刺してみて柔らかくなっていたら完成。
4.しっかりと粗熱をとり、冷ましてから冷蔵庫で保管する。
(冷ますことで味がぐっと馴染み、深みが出ます。)

花びら茸入りアボカドココット

「いいものいっぱいマルシェinベイクォーター」でも販売している『はなびら茸』。見た目がキレイで、美味しいだけではなく、免疫力をアップするβグルカンや食物繊維が豊富な食材。スープをはじめ和洋中なんでも使えます

【材料】
・花びらたけ 1パック(50g)
・アボカド 1個
・とろけるチーズ 適宜
・黒こしょう 少々

【作り方】
1.アボカドを縦半分にカットし、種を取る。
2.スプーンでアボカドをくり抜く。
3.花びら茸を一口サイズに手でちぎり、2と軽く混ぜ合わせ、黒こしょうと塩を加える。
4.アボカドの皮に3を入れ、とろけるチーズを乗せる。
5.オーブンで10?15分焼いて出来上がり。

【参考】
このレシピはカタクラのはなびらたけレシピを参考にしました。

トマトと柿のカプレーゼ

『いいものいっぱいマルシェinベイクォーター』の野菜を使った一品。
旬を迎えた筆柿を使ってちょっとおしゃれにいかがでしょうか?

【材料】(2人分)
・ロッソナポリタン 10個
・筆柿 1個
・モッツァレラチーズ 100g
・バジルの葉 適量
◎ドレッシング
・オリーブオイル 大さじ1-2
・メイヤーレモン果汁 小さじ1
・塩 ひとつまみ
・粗びき胡椒 少々(好みで)

【作り方】

1.筆柿を厚さ1cmぐらいにスライスする
2.ロッソナポリタンは2つ割りにしておく。
3.モッツァレラチーズも柿と同様にスライスする。
4.ドレッシング材料を混ぜておく
5.皿の上にトマトと柿とモッツアレラチーズを交互に並べて、バジルの葉を飾る。
6.4のドレッシングをかける。

【参考】
このレシピの写真は、下記を引用させていただきました。
ロイヤルユキ 柿とトマトのカプレーゼ

鶏モモ肉と長ネギ・へべすのアヒージョ

2021年(令和3年)9月30日のタウンニュース神奈川区版「季節の野菜をおいしく食べよう」の第16回は「鶏モモ肉と長ネギ・へべすのアヒージョ」です。
外食産業で取引される一般には知られていない美味しい野菜を紹介するシリーズコーナーで、モスダイニングchef’sV横浜ランドマークタワー店の山田千宏統括シェフにご協力頂き、レシピを掲載しています。
(画像をクリックすると拡大表示されます)

黄金千貫のメイヤーレモン煮

ホクホク系で森伊蔵をはじめ焼酎の原料にもなる『黄金千貫』とソフトな酸味で豊富な果汁、ノンケミのパッキングの『メイヤ(マイヤー)ーレモン』を使った『黄金千貫のメイヤーレモン煮』です。

【材料】
・黄金千貫  1本
・メイヤー(マイヤー)レモン 1個
・はちみつ 大さじ3
・水 200ml
・塩 ひとつまみ(無しでもO.K.)

【作り方】
1.黄金千貫は1cm幅の輪切りにして、水にさらして水気をとる。
2.鍋に1とはちみつ、塩、水を入れて火にかける。
3.煮立ったら弱火にして、やわらかくなるまで煮る

【参考】つま正の野菜を使って色々レシピを紹介して下さっているフードイラストレーターまるやまひとみさんのインスタグラムの投稿を紹介させて頂きました。
https://www.instagram.com/p/CUEnqZQp8sZ/?utm_medium=copy_link

青パパイヤの青椒肉絲

『青パパイヤ』聞いたことあるけど食べ方がわからない。という方も多いのでは?毎月開催の「いいものいっぱいマルシェinベイクォーター」でも販売していた青パパイヤの簡単レシピをご紹介します。加熱すると、きめ細かくジューシーでとろりとした食感。

【材料】(3-4人分)
・パパイヤ  2分の1
・ピーマン  2個
・牛肉小間切れ肉 200g
・ゴマ油 大さじ2
・ニンニク 2かけ
・生姜 ニンニクと同量
・白ネギ 10cm
・塩・コショウ 少々
◎合わせ調味料
・オイスターソース、醤油、酒、砂糖  各大さじ1

【下ごしらえ(青パパイヤ)】
※注意:青パパイヤの果汁はタンパク質分解酵素を含むため、直接触れると皮膚が赤くなったりかゆみが出たりする場合があります。肌の弱い人はゴム手袋やビニール手袋などを使い、アク抜き前の青パパイヤを直接触らないように気をつけましょう。
1.縦に2つ割りし、種をくり抜く
2.ピーラーや包丁で皮をむき、千切りにする
3.水に10分ほどつけてアク抜きし、水気をよく切る

【作り方】
1.青パパイヤは 上記の下処理をする。
2.ピーマンは 千切りにし、白ネギは みじん切り、生姜と ニンニクは すり下ろす。
3.フライパンに ごま油を入れ、白ネギを入れ炒め、更に 牛肉を加え 炒め、塩・コショウをする。
4.ニンニクと生姜も加え 炒める。
5.1の青パパイヤを加えさっと炒める。
6. 2のピーマンを加えて 炒める。
7. 合わせ調味料を加え味をつけながら炒める。

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、下記を参考にさせて頂きました。
四万十住人の簡単レシピブログ青パパイヤ ロースー ☆

大量消費 韓国風無限キャベツ

キャベツを大量消費!コチュジャンの辛みとマヨネーズのコク、ごま油の香ばしい風味がよく合い、食欲そそります。ごはんにのせて食べても美味しい!

【材料】(2人分)
・キャベツ 1/4個(300g)
・ツナ水煮 70g
・韓国海苔 (10×5cm)
◎合わせ調味料
 ・マヨネーズ 大さじ1
 ・ごま油  小さじ1
 ・鶏ガラスープのもと 小さじ1
 ・コチュジャン 小さじ1
 ・白入りゴマ 小さじ1

【作り方】
1.キャベツを千切りにする
2.耐熱ボウルに1のキャベツをいれて、ふんわりとラップをかけ、600Wのレンジで1分30秒加熱する。
3.水気を切り、ツナ水煮と合わせ調味料をいれ、よく混ぜ合わせる。
4.韓国海苔をちぎって入れ、混ぜ合わせて完成

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、下記を参考にさせて頂きました。クラシル 大量消費 韓国風無限キャベツ

大量消費 キャベツ塩昆布和え

使いきれないという時のお助けレシピです。味つけはマヨネーズで簡単!

【材料】(2人分)
・キャベツ 1/8個(150g)
・塩昆布 5g
・マヨネーズ 大さじ2

【作り方】
1.キャベツをざく切りにする。
2.塩昆布、マヨネーズで和え、完成。

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、下記を参考にさせて頂きました。AJINOMOTO PARK たべる楽しさを、もっと キャベツ塩昆布和え

無限 湯通しキャベツのパスタ

ポピュラーな野菜『キャベツ』。でもなかなか使いきれないという時のお助けレシピです。
キャベツの甘味としらすの塩気でハマるおいしさです。

【材料】(2人分)
・スパゲッティ 120g
・キャベツ 1/4個(300g)
・しらす干し 50g 
・にんにくすりおろし 小さじ1/2 
・赤唐辛子 適量
・オリーブオイル  大さじ2 
・塩 大さじ 2

【作り方】

1.キャベツを5mm幅の千切りにする。
2.スパゲッティは塩を加えた熱湯で商品に記載されている時間通りに茹でる。
3.茹でる1分前に千切りしたキャベツを加えて一緒に茹で、ざるにあげて水気をとる。
4.ボウルに全ての具材を混ぜ合わせて完成

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、下記を参考にさせて頂きました。AJINOMOTO PARK たべる楽しさを、もっと 無限湯通しキャベツのパスタ

新銀杏のかき揚げ

銀杏と言えば秋ですが、夏にしか収穫できない銀杏があります。鮮やかな翡翠色で、臭み、苦味が少なく、銀杏の印象が変わるほどのおいしいさ。翡翠色の銀杏は今だけ!

【材料】
・新銀杏 10 粒  ・玉ねぎ 1/2個
・にんじん 1/3本 ・天ぷら粉 大さじ4
・水 60cc  ・サラダ油 適量
・薬味(お好みで)

【下ごしらえ(銀杏)】
◎フライパンの場合
1.水気を拭き取った銀杏一粒一粒にプライヤーかトンカチでひび割れを入れる。
2.フライパンに1を入れ中火にし、時々木べらで転がしながら、5〜10分程炒る。夏銀杏は水分が多いのであまり長く加熱すると、中の種が縮んでしまう事があります。
3.銀杏の粗熱が取れたら殻と渋皮を剥く。

◎電子レンジの場合
1. 水気を拭き取った銀杏一粒一粒にペンチかトンカチでひび割れを入れてる。
2.封筒を用意し、中に銀杏を入れて封を3回程折り曲げて閉じ、電子レンジに入れて600wで40秒加熱する。銀杏の個数によって加熱時間も変わるので、追加で加熱する場合は10秒ずつ延長して下さい。
  ※夏銀杏は水分を多く含んでいますので少しの加熱でも中で爆ぜる事があります。充分に注意してください。
3.銀杏の粗熱が取れたら殻と渋皮を剥く。

【作り方】
1.玉ねぎは薄切りにし、にんじんは細切りにする。
2.ボウルに天ぷら粉と水を混ぜる。
3.別のボウルに、銀杏、玉ねぎ、にんじんを入れて混ぜて、2を加える。
4. 170 °で熱した油に、流しいれ 3- 4 分揚げる。

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、下記を参考にさせて頂きました。秋の味覚を堪能!銀杏のかき揚げのレシピ動画・作り方 | DELISH


青なすのステーキジンジャーソース

2021年(令和3年)9月2日のタウンニュース神奈川区版「季節の野菜をおいしく食べよう」の第15回は「水青なすのステーキ ジンジャーソース」です。
外食産業で取引される一般には知られていない美味しい野菜を紹介するシリーズコーナーで、モスダイニングchef’sV横浜ランドマークタワー店の山田千宏統括シェフにご協力頂き、レシピを掲載しています。
(画像をクリックすると拡大表示されます)

ヘベス香る!白だしうどん

フルーティでさわやかな酸味とまろやかな風味が特徴のへべす。『ヘベス香る!白だしうどん』は爽やかな酸味と香りが口から鼻にぬけ、残暑の季節にぴったり!

【材料】
・うどん 2玉   ・へべす 1個
・ 醤油 大さじ2  ・ 白だし 大さじ4
・みりん 大さじ4   
・薬味(お好みで)

【作り方】
1.へべすは、薄い輪切りにスライス。
2.うどんを用意する。(生は茹で、冷凍の場合は電子レンジで温めてほぐしておく)
3.鍋に水、白だしを入れて沸騰させます。そこに醤油とみりんを加えて軽く温めます。味を見ながら必要なら塩で味を調節してください。
4.お椀にうどん、スライスしたへべす、薬味をのせて温かいつゆをまわしかけて完成。

【参考】
このレシピは学生も簡単に作れるレシピとして、レモンをヘベスにかえ、下記を参考にさせて頂きました。
macaroniビタミンCたっぷり!すっぱ旨い「レモンうどん」の作り方

紐唐辛子のフリット と麻婆豆腐

横浜ベイホテル東急の中華レストラン『スーツァンレストラン陳』の料理長様考案!つま正の自社ファームで採れた紐唐辛子、長茄子、白茄子を使って頂きました。
「紐唐辛子のフリット(クミンと自家製ラー油の香り)」
サクッふわな食感と香る紐唐辛子に自家製ラー油がピリッと!
「白茄子と長茄子の麻婆豆腐」
茄子のとろんとした食感と甘味×スパイスの最強タッグ!