2020年8月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

8月の青果卸の旬奨銘柄
土佐甘とう:辛さがなく風味豊か・子どもでも食べやすい
シシリアンルージュ:リコピン、うま味成分豊富・加熱調理で本領発揮
ポアロジェンヌ:夏がおいしいネギ・加熱で甘味アップ
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年7月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

インカレッド:肉も赤い珍種・加熱による変色が少ない
インカのひとみ:黄色い肉、栗に似た風味・シンプルに調理に向く
インカルージュ:インカのめざめの赤皮版・ホクホクで煮崩れしにくい
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年6月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

スイートカクテルペッパー:ミニサイズのパプリカ・加熱しても色鮮やか
コブミカンの葉(生):エスニック料理に不可欠・香りが段違い
エディブルフラワー:安心・安全の水耕栽培・水洗いなしでO.K.
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年5月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

沢の葉わさび:肉との相性抜群・ワサビの辛さ、風味を活用
サラダセロリー:爽やかな香り・セロリのスプライト
柔甘ねぎ:サラダでいけちゃう・ハウス栽培で葉も美味
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年4月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

チシャトウ(茎レタス):鮮やかな翡翠色・クセがなく食べやすい
フレッシュペッパー:乾燥前の生コショウ・辛味も多様化の時代
ゲンコウ:熟す過程を楽しむ・幻の香酸柑橘
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年3月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

日向黒皮カボチャ:まろやかな甘み・生食がお薦め
佐土原ナス:幻の品種復活・加熱でとろとろに
スナックロメインレタス:外・内葉のサイズはほぼ同じ・産地リレー環境構築中
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年2月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

カリフローレ映えるだけじゃない・ほぼ通年流通に
大サヤエンドウ甘くて軟らかい・主役級の存在感
カーボロネロ:トスカーナ地方原産・見た目によらず軟らか
(画像をクリックすると拡大表示されます)

2020年1月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

ひとくちスピナッチ軟らかいがハリがある・ゆでこぼし必要なし
黒大根皮のみがブラック・生では辛味強め
湘南ポモロントマト:加熱むきだが生食でもイケる・イタリアと日本のいいとこ取り
(画像をクリックすると拡大表示されます)

↓以下2018年3月以前の情報です

システムトラブルのため、ご迷惑をおかけしております。
順次、情報を更新してまいりますので、少々お待ちください。

2018年3月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

セロリアック寒くなると増す甘み・マッシュサラダにおすすめ
水レタス天候に左右されない・βカロテンが豊富
サラダケール:ケールをもっと身近に・苦みなく食べやすい
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

2018年2月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

塩セロリミネラル豊富な沖縄育ち・ヘルシーイメージの強化に
ヤムイモ強い粘りが特徴・大和芋を使う料理に
ルタバカ:ジャガイモの代わりに・ホクホクで煮崩れなし
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

2017年12月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

しぼり大根辛さで有名な陳品種・魚介類や肉料理にもマッチ
黄カブ加熱でさらに甘く・冬がおいしい彩り野菜
味いちばん大根:食味の良さが自慢・どんな料理にもランクアップ
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

2017年11月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

肉厚生キクラゲ希少な国産の「生」・肉厚でプルプル
青だいだいドリンク類への使用がおすすめ・強い風味とめでたいイメージを利用
下栗いも:「天空の里」育ち・信州伝統野菜の一つ
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

2017年10月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

四方竹(シホウチク)採用例増加中・長期保存が可能に
枝豆(秋田県産)品種リレーで長期出荷・2年連続日本一
塩原高原大根:食味が良く安心安全・肉質軟らかで瑞々しい
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

2017年9月 日食 外食レストラン新聞(日本食糧新聞社)

ミズのこぶ後を引く独特のおいしさ・山菜「ミズ」の実
へべす種がなく、果汁たっぷり・香りと酸味が強くコスパ良し
小様キュウリ:加熱にむき、活用例続々・秋田の在来種
↓クリックすると大きな画像でご覧いただけます。

>

1 2 3 4 5 6 9